ギタリスト嫁ブログ

アメリカ ロサンゼルスでロカビリーギタリストをしている旦那を持つ嫁のブログです。日本でも知ってもらえるようになれば良いなあと思い、ブログを始めました。音楽活動のことから日々のことまでユル〜く書いていきます。☺︎

Hang Out with Spazz

毎年、シンコーミュージックさんから発売されているムック本「THE☆ロカビリー!」

今年もお声をかけて頂き、ありがとうございました。☺︎

www.shinko-music.co.jp

f:id:eitaroguitar:20211026033108j:plain

可愛い表紙♡

 

お読み頂いた方はご存知かと思いますが、今回は夫と共に「Spazz」ことベーシストのJohn Hatton氏にインタビューをさせて頂きました。

 

夫が日本にいた頃からの憧れのミュージシャンの1人であり、こちらに来てからはロサンゼルス拠点のミュージシャン仲間、そして大切な友人でもあるSpazz。

2016年にアルバムを出したDragon Jiveでも、彼がベースです。

Dragon Jive

Dragon Jive

 

 

日本ではBrian Setzer Orchestraのメンバーとして有名な彼は、経歴もテクニックも一流。

素晴らしいミュージシャンですが、いつ会っても飾らず、威張らず、誰に対しても平等で、とにかく人当たりがむちゃくちゃ良い!!

欲望にまみれ荒んだこのロサンゼルス・ハリウッド界隈(笑)で、とても貴重な人です。☺︎

 

インタビュー当日は色々なお話をしたため、「THE☆ロカビリー!」に収まりきらなかった内容がまだまだたくさんあります。

 

というわけで今回は、Hang Out with Spazz 〜番外編〜 をご紹介したいと思います。☺︎

 

 

朝食を一緒に食べたダイナーを出て、Spazzのお家にお邪魔しました。

中に入るやいなや、魅力的なものがいっぱい!

ハットン夫人が作ったクラフトやキルティングに、Spazzが描いた絵の数々。

「これは僕が描いた絵だよ」と言われ、思わず「絵も描くの!?」なんて驚きの声を上げてしまいました。

なぜなら、めちゃくちゃ上手い!

 

なんとも多彩なハットン夫妻です。

 

 

※以下会話:E=栄太郎 S=Spazz

 

S「絵は、セッツアーツアー(BSOツアー)の時に、ツアーバスで描くのさ。毎年1枚ね」

E「すごいね。水彩画?」

S「そう、全部水彩画だよ」

 

12 Pipers Piping - 笛を吹く12人の笛吹き

f:id:eitaroguitar:20211026074745p:plain

S「これが一番最近描いたものだよ」

E「右下にサインがあるね」

 

9 Ladies Dancing - 9人の踊る女性たち

f:id:eitaroguitar:20211026074948p:plain

S「これは『くるみ割り人形』に合わせて踊るダンサーたち。右下にベースも描いたんだ」

E「ほんとだ!」

 

8 Lords are Leaping - 飛び跳ねる8人の貴族

f:id:eitaroguitar:20211026075914p:plain

S「猫が押して、落ちちゃうっていう」

E「誰か暖炉で燃えてるじゃん!(笑)」

S「そう、あああ〜!ってね(笑)」

 

Spazzは絵を描くとき、ゴルフ、楽器、家の暖炉など、「実生活の中で目にする物や光景」を織り交ぜて描くのが好きなのだそうで、実際3枚目の絵は家の暖炉を参考にして描いたと言っていました。

こちらがその暖炉。

f:id:eitaroguitar:20211026170950p:plain

 

 

リビングに案内されると、テレビを見ながらキルティングするハットン夫人が迎えてくれました。

とても明るく気さくな方で、「ゆっくりしていってね」とのお言葉。☺︎

 

ちょうどリビングに面したところがSpazzのベース置き場のようで、ケースに入ったベースたちが並んでいます。

f:id:eitaroguitar:20211026070539j:plain

 

リビングにもケースから出た状態のベースがあったため、外に持って行こうかということでそのままバックヤードへ。

少し動画にしてみました。

youtu.be

 

夫がベースを触らせてもらっていると、Spazzがおもむろにブリッジを指さし、「これは僕のアンチ・ブリッジ崩壊・システムだよ」と。

見るとチグハグにテーピングされていて、それらが演奏中にブリッジが倒れるのを防いでいるそうです。

f:id:eitaroguitar:20211025180632p:plain

f:id:eitaroguitar:20211025180558p:plain

S「よくブリッジが倒れるベーシストには、これはオススメだよ。Eストリングはそんなに影響がないから、こんな風にテープを上に巻いても大丈夫。でもGストリングは音に影響が出ちゃうから、下の方がいいね」

 

E「この下のテープは?」

f:id:eitaroguitar:20211025180748p:plain

S「ああ、これは…うーん、わからない。(笑)何で貼ったんだったかな?」

E「ははは。ピックアップのため?」

S「そうかも。ちなみにジェイソン・バーンズのオリジナルピックアップだよ。King Doublebassのね」

 

 

その後、バックヤードに腰掛けた2人は、インタビューを開始。

その内容はぜひ「THE★ロカビリー! 5」でお楽しみください。☺︎

 

 

インタビュー後は、さらにSpazzが見せてくれたのは、家中にある彼お手製の棚や椅子たち。

どれもプロ級の仕上がりで、手作りしたものと言われるまで気付かない見事なクオリティ!

使用した木の種類や、その組み立て方にもこだわりがあるようで、「釘を使わない日本の技法もずいぶん参考にしたよ」と、楽しそうに話してくれました。

 

ワインラック

f:id:eitaroguitar:20211026062353j:plain

 

ビンテージの椅子を修理&それに合うスツールを手作り

f:id:eitaroguitar:20211026062428j:plain

 

日本の建築技術なども参考にしたというテレビ棚

f:id:eitaroguitar:20211026062459j:plain

 

外のバーベキューグリル周辺の棚

f:id:eitaroguitar:20211027055011j:plain

 

見れば見るほど、そして知れば知るほど多才なSpazz!

暮らしの中のあらゆることを「楽しむ方法」を知っている彼だからこそ、いつも明るく、人に優しくいられるのかなと感じました。

 

ちなみに、Spazzの個人サイト(www.johnnyhatton.comでは、彼が手がけたロカビリーベースの教本や、オリジナルのTシャツが販売されているので、気になる方はぜひチェックしてみてください☆

f:id:eitaroguitar:20211027065556j:plain

レッスンは動画で見られるようになっているそうです。

 

TシャツはSpazzのサインがプリントされたデザインで、可愛くてしかも着心地がイイ!

私もネイビーのを持っていてよく着ているのですが、この日もしっかり着用。

リビングでハットン夫人に「いいシャツね」と褒めて頂きました。(笑)

f:id:eitaroguitar:20211027055831j:plain

f:id:eitaroguitar:20211027064743j:plain

車の窓など、至る所にSpazzのサイン。

 

 

音楽の話だけでなく、色々なことを共有してもらい、とても有意義な時間となりました。Spazzに感謝!

雑誌の出来上がりを楽しみにしてくれているので、近々届けに行きたいと思います♪

f:id:eitaroguitar:20211027073246j:plain

 

・・・・・・・・・・・・

イイね・フォロー・シェア大歓迎、大感謝☆

酒匂栄太郎YouTubeページ

Dragon Jive Facebookページ

酒匂栄太郎 Facebookページ

Twitter @EitaroSako

Instagram @EitaroSako

・・・・・・・・・・・・

Dragon Jive ファーストアルバムも宜しくお願いします☆ 

Dragon Jive

Dragon Jive

 

 

約1年ぶりのライブ演奏!

5月1日、およそ1年ぶりに観客の前でのライブが実現しました!☺︎

Automobile Driving Museumという、ビンテージカーの博物館でカーショーが行われ、そのイベントの一部としての演奏でした。

場所は家から車で20分ほど、ロサンゼルス国際空港のすぐ近くです。

 

久々にギターを大音量で弾く夫の姿を見られ、私も嬉しかったです。

やっぱり栄太郎さんはギターを弾いている姿が一番イイ!

f:id:eitaroguitar:20210607121141j:plain

Photo Credit @zer_ghoul

 

 

その日の様子を動画にしてみました。☺︎

 

youtu.be

 

この日は若干曇っていたこともあり油断していましたが、ずっと袖なしの服で外にいた私は翌日以降、日焼けで右肩だけバリバリに皮がめくれる大惨事になりました。(T_T)

初めて日焼けで皮がめくれた。。痛かった。。涙

 

 

 

・・・・・・・・・・・・

イイね・フォロー・シェア大歓迎、大感謝☆

酒匂栄太郎YouTubeページ

Dragon Jive Facebookページ

酒匂栄太郎 Facebookページ

Twitter @EitaroSako

Instagram @EitaroSako

・・・・・・・・・・・・

Dragon Jive ファーストアルバムも宜しくお願いします☆ 

Dragon Jive

Dragon Jive

 

 

2021年 明けましておめでとうございます

 

もうすっかり2月ですが・・・

 

2021年

明けましておめでとうございます!

 

 

一年前は「雨季で雨ばっかりです〜」

なんて呑気に書いていましたが、

まさか2020年が今まで経験したことのない

大変な一年になるとは、全く予想していませんでした。

 

それはもう文字通り大変な一年で。。

 

もちろん、世界中のみんなが大変。

 

我が家は夫がミュージシャンですが、

全ての仕事が白紙になりました。

 

延期、中止、延期されたものがやっぱり中止、などなど。

 

できたとしてもオンラインのライブ配信

 

今までライブバンドを入れていたバーやレストランでも、

完全に閉店したところもあります。

 

6月には元に戻ると言われていたのが全く回復せず、

回復どころか、どういうわけか車社会で他人との接触

そこまで多くない(はず)のLAが、いつの間にか

全米最悪のコロナ都市になり。。

 

おいおい、なんて思っていたらあっという間に2021年。

 

VIVA LAS VEGASもない。

オリンピックもない。

家族や友人とも会えない。

握手やハグもない。

 

世界がひっくり返った感じでしたね。

 

まさかアメリカで人々がマスクをする様子を

見ることになるなんて。笑

 

 

2021年になった今も、相変わらずのLAです。

 

不要不急の外出はせず、もちろん年が明けたからと言って

ライブが急に戻ってくることもありません。

 

会社勤めの人たちの日常が戻る様子を眺めつつ

社会から取り残されたような気持ちになって

心に穴がポッカリ空いたような虚しさを感じる瞬間もあります。

 

と、ついつい暗い思考に引っ張られそうになりますが。

 

二人とも健康で仲良くいられることが一番!

 

f:id:eitaroguitar:20210105111927j:plain

元旦に撮ってもらった写真です。

2021年初日の入り。☺︎

 

そしてそして、

YouTubeチャンネル登録者数が

3,000人を突破しました!!

 

嬉しい!!

 

昔から知ってくれている人、

地球便で知って下さった人、

インターネットでたまたま知って下さった人、

 

世界中の3,000人のビューワーさんたちに

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ライブができない状況も相まって、今年は

インターネットという国境のないツールで

より積極的に発信できればなあと考えています。

 

 

2021年、どんな年になるのか楽しみです。

 

皆様、今年も酒匂栄太郎を宜しくお願いします。☺︎

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・

イイね・フォロー・シェア大歓迎、大感謝☆

酒匂栄太郎YouTubeページ

Dragon Jive Facebookページ

酒匂栄太郎 Facebookページ

Twitter @EitaroSako

Instagram @EitaroSako

・・・・・・・・・・・・

Dragon Jive ファーストアルバムも宜しくお願いします☆ 

Dragon Jive

Dragon Jive

 

 

祝!ギター歴30周年!

相変わらずライブ活動再開の見通しが立たないロサンゼルスですが、8月4日は夫の誕生日でした!☺︎

 

14歳からギターを始めた夫は今年44歳なので、ちょうど30周年ということになります。

そんな節目を記念して、夫のギター人生30年を振り返った動画を作ってみました。

 

動画は前編・後編に分かれています。

 

この機会にぜひ夫のことをより知って頂けたら嬉しいです♪

 

 

【前編】

youtu.be

 

【後編】

youtu.be

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・

イイね・フォロー・シェア大歓迎、大感謝☆

酒匂栄太郎YouTubeページ

Dragon Jive Facebookページ

酒匂栄太郎 Facebookページ

Twitter @EitaroSako

Instagram @EitaroSako

・・・・・・・・・・・・

Dragon Jive ファーストアルバムも宜しくお願いします☆ 

Dragon Jive

Dragon Jive

 

 

Live music never dies

コロナウイルス感染者数が全米3位カリフォルニア州ですが、

6月に入ってから少しずつ飲食店や美容院など、

様々な分野のビジネスの再開が許可されてきました。

 

営業を再開したとはいえ、どのビジネスでも

  • マスク着用
  • ソーシャルディスタンス
  • レジ周辺にアクリルボード設置
  • 店内の客数制限(席を減らしたり入場制限をかけたり)

など、ウイルス対策は施されています。

 

我々が住んでいるロサンゼルスもカリフォルニア州ですが、

コロナに対しては慎重な姿勢で、州が定めた規定よりも

「ロサンゼルス郡」として独自にルールを設けているため、

ロサンゼルス圏内でのレストランやバー、美容院などの再開は

待ったをかけられている状態でした。

 

そして!

6月19日から晴れてロサンゼルスでも

飲食店を始め様々なビジネスの再開が許可され、

3月8日以降全てのライブがキャンセルになっていた夫も、

実に3ヶ月以上ぶりにお客さんの前での演奏が実現しました!

 

思ったよりも早かった経済再開にほっと一息です。

もちろん3ヶ月も演奏が無いなんてことは前代未聞ですが、

コロナパニックが始まったばかりの頃、

「2021年までライブミュージックは無理だろう」

という報道もあったので、

そんなあー!と冷や汗をかいたものです。

 

6月20日、記念すべきコロナ休み明け最初の演奏場所は

ロングビーチにあるアイリッシュバーでした。

晴れて営業再開ということで、行ってみたら超満員

もちろん座席数を減らしたり、入場制限をかけたり、

店員さんがフェイスカバーを着用するなど対策はされていますが、

お客さんが飲食する際はもちろんマスクを外しますし、

酔っ払ってハイタッチする人、密着してダンスする人など、

 

これは大丈夫なのか・・・?

と思わなくもない光景でした。

 

ちなみにフロリダで営業再開したバーに集まった16人が

全員コロナウイルスに感染したというニュースもあります。(冷汗)

 

店内には「今はダンスはダメ!」との御触書も。

f:id:eitaroguitar:20200621220757j:plain

↑ "No Dancing" の "No" の部分が誰かに消されています。(笑)

そんなこと関係なしに踊り始める酔っ払いピーポーなので、

その度に警備員さんがコラコラと割って入っていました。

 

けれど皆さん一様に楽しそう。☺︎

演奏中の夫も楽しそう。☺︎

皆さん盛り上がり、歓声や拍手が止まりません。

f:id:eitaroguitar:20200621213629j:plain

f:id:eitaroguitar:20200621213634j:plain

盛り上がる様子を見て、私も嬉しい気持ちでいっぱいでした。

 

先月ライブストリーミングでの演奏は行いましたが、

そのとき現場にいたのは私たち関係者のみ。

その時も大きい音で久々に演奏できて良かったとはいえ、

お客さんがいないのはやっぱり寂しいものでした。

www.youtube.com

 

そして、今回お店がとっていた対策で「おお!」と思ったのがこちら。

f:id:eitaroguitar:20200621221320j:plain

f:id:eitaroguitar:20200626111212j:plain

テーブルの真ん中に貼られたQRコード

"SCAN ME" と書かれています。

スキャンすると、このお店のメニューが出現します。

テーブル手前に置かれているのが現物のメニュー。

f:id:eitaroguitar:20200626111250j:plain

色々な人が触る物なので、皆が自分のスマホでも見られるように

編み出された方法ということでしょうか。賢い。 

日本でもこういうのはあるのかな?

 

そして、今日もう一つ驚いたこと。

演奏が始まる少し前のことです。

準備をしていた夫に、お店と外を隔てる壁越しに外から

話しかけてきた白髪のおじさん。

この壁は上部がアクリルになっていて、お互いの顔も見えます。

「もっと弾いて!」

と言って、おじさんは紙幣を次から次へと投げ入れてきます。

夫は音のチェックをしていただけなので、ギターを鳴らしてはいても

曲を奏でていた訳ではないのですが。。

「8時から始まりますよ」

「お金返します!」

と言っても聞く耳を持たず、壁越しにポイポイ紙幣が降ってきます。

で、「タバコ吸ってくるわ」とスタスタ歩いて行ってしまったおじさん。

 

戻ってきたときにお金を返せるようまとめて取っておいたのですが、

結局おじさんが戻って来ることはありませんでした。

投げ入れてくれたお金を数えてみると、93ドル(!)。

1ドル100円計算で9300円です。

 

夫「神様かな?」

 

いや本当に神様だったのかも。

チップとしてありがたくバンドメンバーで分けさせて頂きました。

 

 

少しずつ日常が戻りつつあるロサンゼルス。

まだまだ "様子見感" はありますが、こうして演奏できる機会が

どんどん増え戻っていくことを願うばかりです。

 

そして、健康でかつ自分たちの好きなことを続けられる生活が

どんなにありがたいか。

日々感謝の心を忘れないようにしなければと改めて思いました。

  

  

・・・・・・・・・・・・

イイね・フォロー・シェア大歓迎、大感謝☆

酒匂栄太郎YouTubeページ

Dragon Jive Facebookページ

酒匂栄太郎 Facebookページ

Twitter @EitaroSako

Instagram @EitaroSako

・・・・・・・・・・・・

Dragon Jive ファーストアルバムも宜しくお願いします☆ 

Dragon Jive

Dragon Jive

 

 

Valentine's Day 2020

今年のバレンタインデーのお話です。☺︎

 

去年と一昨年はサンタマリアで何泊かしましたが、

今年はローカルでのんびり過ごしました。

 

家から車で20分ほど行くとビーチがあるので、

遅めのランチをしてから海辺でデートです。

 

ランチは、カジュアルフレンチ Creme de la Crepe へ。

南カリフォルニアに何店舗かある人気店です。☺︎

バレンタインということで、店内にはバラやぬいぐるみが♡

こういうところが素敵です。

f:id:eitaroguitar:20200226193649j:plain

f:id:eitaroguitar:20200226200122j:plain

私はりんごのクレープ。

夫はスモークサーモンのサンドイッチをオーダー。

味はあっさりですが結構な量で、お腹いっぱいになりました!

(しっかり完食)

f:id:eitaroguitar:20200226193811j:plain

 

ランチの後はレドンド・ピアをぶらぶら。

海賊船が停泊しています。(笑)

f:id:eitaroguitar:20200226200105j:plain

 

今まで何度も来たことがあるピアですが、

普段は海を見たり、浜辺へ歩いて行ったりと、

特定のお店に入ることは滅多にありませんでした。

 

いつもは通り過ぎる真珠屋さんをふと見ると、

Pick Your Own Pearls!(自分だけの真珠を採ってみよう!)

のサインが。

f:id:eitaroguitar:20200226200316j:plain

今までもこれがあったのかどうかは分かりませんが、

水槽から自分で貝を選んで、お店の方がその場でオープン。

貝の中から真珠が出てくる!

といった何とも楽しそうなやつです。 

しかもお値段もリーズナブルで、11ドルちょっと。

 

せっかくなので私もパールピックに挑戦しました。☺︎

選んだ貝を手際良く開けてくれる店員さん。

ドキドキ。。

 

「あ〜〜残念、真珠は入ってなかったよ〜。」

がーん!!

そりゃハズレもあるよねえー。

 

一瞬しょんぼりしていると、「ウソウソ」と笑う店員さん。

「2つ入ってたよ!」

なんと!

真珠のサイズが分かるプレートに乗せて見せてくれました。

ちょうど同じくらいのサイズで、少しピンク色をした、

可愛らしい真珠が2粒。

すごい!

f:id:eitaroguitar:20200226202245j:plain

真珠はその場で加工してもらえるのですが、せっかく2つ出たので

シンプルなピアスにして頂きました♪

f:id:eitaroguitar:20200226202919j:plain

うーん、素敵。

ちなみにこちらは Mie Pearl Jewelry というお店です。☺︎

店内でピアスの出来上がりを待っている間、

オーナーと思しき日本人の女性とお話をしました。

なんとお店がオープンしたのは1987年

長くやっているお店なのは知っていましたが、

自分と同い年とは、、何だか運命を感じます。

 

お手頃価格で自分だけの真珠がピックできるので、

旅行で来た人や、何か記念日なんかにも楽しいと思います。 

中にはとっても大きな黒真珠が出た方もいるみたいですよ。

ピアスは装着するとこんな感じです。

f:id:eitaroguitar:20200226204324j:plain

 

しばらく浜辺を歩いて、美しい景色とアシカの声を堪能し、

夕日が沈みかけた頃、帰路に着きました。

f:id:eitaroguitar:20200226210745j:plain

 

夫婦でのんびり過ごせたとても良いバレンタインデーでした。☺︎

ありがとう栄太郎さん!

 

  

・・・・・・・・・・・・

イイね・フォロー・シェア大歓迎、大感謝☆

酒匂栄太郎YouTubeページ

Dragon Jive Facebookページ

酒匂栄太郎 Facebookページ

Twitter @EitaroSako

Instagram @EitaroSako

・・・・・・・・・・・・

Dragon Jive ファーストアルバムも宜しくお願いします☆ 

Dragon Jive

Dragon Jive

 

 

ドローンパイロット栄太郎 〜砂漠の旅〜

2020年最初の投稿です。

年が明けて早1ヶ月ちょっと。

 

夫はロサンゼルス界隈での演奏や、曲作りなど、

新年もさっそくロックな日々を送っております。

 

そして先日、夫婦揃ってお世話になっている知人が

お隣のネバダ州まで行く際、夫がお手伝いで同行。

私は遠足気分でついて行きました。

 

午前4時半にLAを出発!

まずは Amargosa Opera House 前でストップです。

ちょうど道がラスベガスとデスバレーへ分かれる辺りです。

f:id:eitaroguitar:20200204191109j:plain

f:id:eitaroguitar:20200204191311j:plain

うーん、不気味。

ぱっと見て勝手に廃墟だと思い込んでいましたが、

オペラハウスもお隣のホテルもちゃんと営業しています。

 

f:id:eitaroguitar:20200204203025j:plain

f:id:eitaroguitar:20200204203032j:plain

⬆︎こっちに行くとラスベガスです。

自転車の旅人が写っています。

 

ちなみになぜこんなへんぴな場所に来たのかというと、

知人のデイビッドさんは、こうした小さな町々の

Chamber of Commerce(=商工会議所)を顧客とし、

ガイドブックや地図を作成するお仕事をしています。

 

というわけで、出版物に使うための素材を撮る旅です。☺︎

 

その後さらに移動を続け・・・

ネバダ州に入りました!

 

f:id:eitaroguitar:20200204203951j:plain

なんにもなーい!

 

なにもないところに牛が。

f:id:eitaroguitar:20200204204023j:plain

f:id:eitaroguitar:20200204204116j:plain

ネバダのウェルカム牛?

 

どーん。 

f:id:eitaroguitar:20200204204146j:plain

 

夜はライトアップされるのでしょうか。

f:id:eitaroguitar:20200204204204j:plain

 

道路の反対側にも謎の牛がいました。

f:id:eitaroguitar:20200204205345j:plain

 

対峙。🐄🐂

f:id:eitaroguitar:20200204205437j:plain


少し歩いたところに本物もいました。

f:id:eitaroguitar:20200205050703j:plain

f:id:eitaroguitar:20200205050723j:plain

ロバも。

f:id:eitaroguitar:20200205050932j:plain

ヤギも。

f:id:eitaroguitar:20200205050952j:plain

 

かつて火山だった(らしい)お山を横目にさらに移動です。

f:id:eitaroguitar:20200205051016j:plain

 

Big Duneと呼ばれる砂丘があり、

今回はそこの写真を撮るためにやって来ました。

 

こんもり盛り上がった砂丘にどんどん車で近づく。

車で近づく。

車で近づく。。

 

スポッ!

f:id:eitaroguitar:20200210122440j:plain

 

砂にはまってしまいました。

f:id:eitaroguitar:20200210122609j:plain

 

何とか脱出を試みアクセルを踏めば空回り。

さらにタイヤが沈んで悪循環です。

完全に動けない感じ。

どうする!

 

f:id:eitaroguitar:20200210175159j:plain

f:id:eitaroguitar:20200210175210j:plain

 

どうしようもありません。

 

ロードサービスに電話をして、

何はともあれ目的の写真撮影です。

f:id:eitaroguitar:20200210122821j:plain

方向を指示されて夫がドローンを操縦します。

f:id:eitaroguitar:20200210175357j:plain

 

撮影していると、ロードサービスから電話が。

「あなた達がいる場所は管轄外だから行けません。」

 

オーマイゴッド!

何のためのロードサービスじゃ!

確かに「ロード」の上じゃないけどね。

 

こうなったら人力で掘って掘って脱出を試みます。

 

 

周囲は見渡す限り砂。。

 

f:id:eitaroguitar:20200210175610j:plain

ちなみにこの背の低い植物はかなりトゲトゲで、

タイヤ周辺の砂を掘る夫の服や手について大変でした。

 

上の方はサラサラの砂ですが、少し掘ると湿った砂が現れ、

地盤が少し固くなりました。

タイヤ周りを掘ってもらって何度か脱出を試みましたが、

1メートルほどしか動けず、断念。。

 

デイビッドさんがこの辺りのお客さんに電話をかけ、

そこに救出をお願いすることに。。涙

 

数十分後、、

チェーンを乗せたトラックで現れた神様たちです。

f:id:eitaroguitar:20200210182800j:plain

 

砂にはまって2時間以上。

彼らのおかげで無事に脱出することができました!

 

そのあと彼らの職場(ホテル)まで一緒に走り、

支配人さんに感謝を伝え、遅めの昼食となりました。

 

ちなみに、救出に持って来てくれたチェーンは、

ホテル横の工事現場から借りてくれた物だったそうです。

 

もし、時間が遅くてホテルの営業時間が終わっていたら、、

もし、工事現場にチェーンが無かったら、、

もし、今が真夏の猛暑日だったら、、

もっと違った事態になっていたかも知れません。

全員無事に助けて頂いたことに、改めて感謝です。

 

こちらは渋いホテルの渋いジュークボックス。

f:id:eitaroguitar:20200210185505j:plain

f:id:eitaroguitar:20200210185441j:plain

ホテルの中庭には可愛い鳥もいました。

f:id:eitaroguitar:20200210185340j:plain

不思議な人形もいました。

f:id:eitaroguitar:20200210185635j:plain

 

お腹がいっぱいになり、一路ロサンゼルスへ。

ロングドライブ、ドローンパイロット、

そして砂掘りを勤めた夫。

長い一日お疲れ様でした!!
 

翌日デイビッドさんから送られてきた

ドローン写真がこちら!

f:id:eitaroguitar:20200204172450j:plain

すごい!!

自然は美しいです。

 

【おまけ写真】

砂漠で立ち往生中の人たち。笑

f:id:eitaroguitar:20200210175457j:plain

 

場所が気になる方は "Amargosa Sand Dunes"

検索してみてくださいね☆

 

  

・・・・・・・・・・・・

イイね・フォロー・シェア大歓迎、大感謝☆

酒匂栄太郎YouTubeページ

Dragon Jive Facebookページ

酒匂栄太郎 Facebookページ

Twitter @EitaroSako

Instagram @EitaroSako

・・・・・・・・・・・・

Dragon Jive ファーストアルバムも宜しくお願いします☆ 

Dragon Jive

Dragon Jive